覚醒するための薬

5月24日

今日はアイテム・グッズの日です

 

音声はこちらから↓

 

覚醒したり、精力増強したり、
私はハーブや薬草が好きです。

自分で取り寄せて、煎じたり、粉にしたり、砕いたり、油で揚げたりします。

なんか危険なことしてるの?ドラッグ?と思われるかもしれませんが、

にんにくや、ネギや、生姜や、唐辛子のことです!

今の時期は、野草なども摘んで、陰干ししておきます。

私たちは生活に必要な活力を、食べ物からいただいています
そして、食べものの機能を高めるために、適切な調理器具を充実させます。

干したものだと、煮出すのに時間がかかります。
玉ねぎの皮とか、乾燥生姜とかです。

そういうときには土瓶やホーローの鍋を使うのですが、
ついうっかりコンロにかけていることを忘れて、
焦げ付かせてしまいます。

そんなときに、自動で漢方薬を煎じてくれる電動煎じ器があると嬉しいですね。

生で食べてもいいものも、干すとパワーが何倍にもなる成分もあります。

使い道がいろいろあるので、勉強するのも楽しいです。

現代人のほとんどが、過剰な毒素を体内に溜め込んでいるそうです。

もしあなたが、元気が出ない、からだが重い、ぐっすり眠れないなどの毎日を過ごしているなら、
からだに溜め込んだ過剰な毒素のせいじゃないかと、疑ってみてください。

私にとって薬とは、そういう辛い症状を緩和してくれたり、感じなくするものではなくて、
身体に溜め込んだ過剰な毒素を追い出すものです。

本来の身体にとって、気持ちのいい仕事をさせてあげたいです。
排泄経路が詰まっていたら、お掃除しげあげたい、ただそれだけです。
排泄経路は、
鼻、口、尿道、腸、皮膚です

あなたは、これらの機関をちゃんとお掃除していますか?
歯磨きや、お風呂にはいるだけでは出て行きません。
人間の皮膚は4層もあり、さらに汗腺以外の出口があります。

肺の力が弱っていると、鼻や口から出て行かないのです
肝臓と腎臓が弱っていると、尿道から毒素が出て行かないのです
肝臓、胃、小腸が弱っていると、腸から毒素が出て行かないのです
肺や心臓が弱っていると、皮膚から毒素が出て行かないのです

抗生物質、ローション、薬用クリームなどのものを使用しない
添加物の入ったものは口にしない

それだけではなく、各臓器のケアをして毒素を追い出してあげる努力をしげあげると、
ケアされた身体が、判断力や、思考力、記憶力、忍耐力、持続力を生み出してくれますよ

いい仕事をするには、ケアされた身体が必要です

https://www.naturalsuccess.jp/XJrCopywriterSchool/enter/#FslA4T


今日もお読みいただきありがとうございます。

f:id:copywriter-jyuusyoku:20170524181534j:plain