人は無知であればあるほど、判断したい欲望を抑えきれない

今日はコピーライティングについての疑問質問を書く日です

音声はこちらから↓

 

人は無知であればあるほど、判断したい欲望を抑えきれないものです。
そのような判断は、判断したという明確な自覚すら持ち合わせません。
判断を下すまでに、どれだけの認識的誤謬と、比較材料と、感情的な葛藤が持ち込まれたかは、
切り捨てる痛みと、感情に揺さぶられた苦悩共に身に覚えがあるものです。

また、何も観察しないうちに、すべてを知っていると信じ込む傾向性には比例関係があります。
言葉の乱用を改善する唯一の手段は定義だと考える人がどれだけ間違っているかをよく知っている人は、
言語の誕生に立ち会っている人です。f:id:copywriter-jyuusyoku:20170513083948j:plain
現象というプロセスから遡及された言語には、そのプロセスすべての時間的な力が宿ります。

一方で十分な観察なしに書かれた文章は、中身のない当てずっぽうな内容しか持たず、説得力を持ちません。

多くの場合、説得力は論理的な思考を経ることなしに感じることに慣らされており、
それには物語が用いられます。
しかし、論理に基づいた説得とは
確信にまで至る観察と検証の反復と、それによってもたらされた厳密な観念であり、
自然的調和をもたらすものです。

問 :コピーライターは、燃え尽き症候群バーンアウトに陥る危険があり、脳を消耗するというお話しでしたが、
それを防ぐために常日頃から精神と肉体を鍛え、筋肉トレーニングをすることは大事なことは、実践してみて感じました。
お客様の内面深くに心を開くには、
物心両面からのサポートが必要です。

精神的な強さを身につけるエクササイズを教えていただきたいと思います。

 

https://www.naturalsuccess.jp/XJrCopywriterSchool/enter/#FslA4T