copywriter-住職’s blog

copywriterをやっている住職のブログです。

究極の身体情報開示

今日はアイテム紹介の日です アイテムは、あなたの社会的自己実現を果たしてくれるものです。 それにプラスになるアイテムか、そうではないアイテムか ステータスを高めてくれるか、ステータスを下げてしまうか それをしっかり理解することが、 新しい物欲の…

アルゴリズム

今日はビジネスの本を紹介する日ですクリストファー・スタイナーさんの書いたアルゴリズムが世界を支配するという本です アルゴリズムとは、一言で言えば利用者を特定の解答やアウトプットへ導く指図書のことです。 あなたが何かの状況下で、最適で正しい答…

足りないマインドセット

教育者としての実践 今日は第7話を聞いて第7話の宿題を実際にやってみる日です。/> 今回は教育者のプロフェッショナルのセルフイメージについてのお話でした。アマチュアだと思われることは、教育者としてのデメリットがとても多いことプロフェッショナル…

プロフェッショナルとは必要最小限

今日は授業を聞いて、やってみたいこと、 実践しようとおもっていることをシェアする日です。 第7話を聞いて感じたのは プロフェッショナルは最小限の動きをするというところでした。 なぜか人脈をピンポイントで作っています なぜかお酒を飲んだり、ゴルフ…

教育とは相補的なのか絶対的なのか

今日は仙人さんに質問をする日です。 教育者はプロフェッショナルでなければならない という趣旨のお話が第7話でした。 効率的でコンスタントに、一貫性を持って ロボットのように鬼のようにやるのが プロフェッショナル そのためには 24時間プロフェッシ…

ケインズは経済学者ではない

ビジネスマン列伝 今日はビジネスマンを紹介する日です 多くの経済学者はこうでした 需要と供給の辻褄合わせをしていればそれが経済学のあらゆる動向を説明しうると思っていました。アダム・スミス以来の「見えざる手」という表現です。ただ一人彼だけは、需…

食材を美味しく保存できる方法

欲しいもの 今日はグッズレビュー、アイテム紹介の日です。欲しいもの、手に入れたいもの今はクリスマスシーズンなので、たくさん目に付きますよね。僕が欲しいものは、業務用冷凍冷蔵庫なんですが、これで食材の鮮度やビタミン破壊を抑えられます。なかでも…

殺すテクニック

殺すテクニック 殺すテクニック 殺すテクニック 今日はブックレビューの日です今日は殺すテクニックという本です これはどの分野にでも言えることですが、最近の書籍の素晴らしいところは、これまでには想像もつかなかった世界観を読者に提示する着眼点と、…

褒める教育の限界

褒める教育の限界 避難所は、誰からも分かるところに作りなさい 教育の最先端 今日は宿題を実践してみる日です。第6話の宿題は教育者としてセクシーになりなさいというものでした。 これは、私なりに整理すると教育者とは生徒さんにとって避難所なんだから…

金八先生はセクシーか

金八先生はセクシーか 今日はこれをやってみよう、実践してみようということをシェアする日です第6話の内容はとても興味深いですそれは教育者はセクシーであれということが繰り返し出て来る型破りなスローガンですね、こういったことを考察させながらとても…

教育者は須らくセックスアピールをすべし

今日は仙人さんに質問する日です第6話に関しては深いテーマです教育のエネルギーとは何か?教育の命とは何か? 教育者として愛情表現がちゃんとできたら、全てはうまく行くという指摘は、大変深い問題だと思います。 愛情をお互いに受け取れなくて、拗ねて…

自由人とは何か

自由人とはなにか それは自分の舞台を自分で作る人なのだどんな舞台でも自分の想像したもので、自分で主演をやっている人それが自由人である どんな大舞台でも、自分のものでないのなら、官吏や月給取りならエキストラにすぎないどんな小舞台でも、小劇場で…

漬物は樽にこだわる

今日はアイテムの紹介の日です。 元来あまり物にフォーカスしないタイプなのですが、知識が増えると物欲が出てきます。何か料理をしてみたら、切れ味の鋭い包丁が気になりますし、運動していたら、もっと効率良く筋肉を鍛えられるエクササイズアイテムが欲し…

アナリストとは

今日はブックレビューの日です 今日ご紹介するのは、フェルドマン式知的生産術ですロバート・アラン・フェルドマンさんは フェルドマンさん モルガン・スタンレー・MUFG証券で経済調査部長をしている人です。そして同時にマネージングディレクターとして管理…

アイザック・ニュートンとアイザック・ヴァロウ

今日は宿題の日です 第5話の宿題はラポールを築くということでした アイザック・ニュートンとアイザック・ヴァロウ教授 みたいな出会いがあればいいのですが なかなかそういう知己との出会いなどは期待できません。 ニュートンさんは、ケンブリッジ大学のト…

コミュニケーションを諦めたくなっても

コミュニケーションを諦めたくなっても ゲームから降りなければ次がつながる 人と人が出会って30秒で、お互いに考えていることといえば、 ジャッジです。 低次元の興味で、お互いにジャッジするのが嫌でたまりませんでした。 パワーゲーム この人は美人か…

信頼関係

今日は仙人さんに質問をする日です。 今回は信頼ということについてのお話でした信頼関係を築くにはそれ相応の覚悟が必要になります。 例えば、自分が相手を疑っているのに「信頼してください」といっても、すぐに見抜かれます。 まず自分が相手を信頼してい…

鋼鉄の魂を持った男

アインシュタインさんはこう言いました常識とは、18歳までに積み重なった偏見でしかない 常識を破る、自己革新をするというところがシフトしている時代の行き方と言えそうですね tim 諸外国26カ国の社会人の大学進学率は平均20%だそうです例えばアメリカの…

日記は書くものではなく読む物

今日はアイテムの紹介の日です ほぼ日 なぜ物欲を刺激するのかと聞かれるとこれが深いのです。 物欲はとても大事です。物が大事なのではなくて、物に執着している自分を見るためです。 物欲というと何かの物を手に入れることなのかなと思いますがそうでもな…

本当の毒素とは

今日はブッックレビューの日です「プーファ」フリーであなたはよみがえる!生命場を歪ませるアルデヒドというサブタイトルで崎谷博征さんの本です。 一言でまとめると、「魚からの油、植物由来の油を摂取すると体のなかでは毒素になってるよ」 です 体の機能…

本当に目標を達成するために

今日は宿題の日です なめられる 一つ目の宿題は、 セルフトークを自分で話して、それを録音するそれは自分に催眠をかけているような感じでアファメーションします そして、今度は筆記で3回書きます夜就寝前が一番入りやすいそうですその時に聞いたりするア…

なぜ、日本人は、なめられているのか

今日は、これを授業を聴いて、よしこれはやってみようと感じたことをシェアする日です。 なめられる 第4話ではいろいろなテクニックを教わりましたが、教育者は不一致があってはいけないというところは響きましたほとんどの人というのは自分の脳とか 肉体脳…

成功できない人のために

11月17日今日は仙人さんに質問する日です なぜ、成功法則を頭で理解しても成功できない人が多いのでしょうか。 これ、多くの人が知りたい問題じゃないですかね。 今回の質問は、セルフイメージを進化させるステップアップには必ず根拠のない自信が必要で…

火星人

火星に移住する男 今日はビジネスの人物を紹介する日ですイーロン・マスク氏はこう言っています。地球を脱出し火星に移住するまで、幸せになれない 宇宙ロケット、電気自動車、太陽電池の開発、ロボットの研究などを手がけている彼は、みているところが違う…

知らないと怖い真空パック

11月15日 今日はアイテム紹介の日ですクイジナート バキュームシーラー PVS-1000Jの紹介をします。クイジナートバキュームシーラーとは、自分で真空パックを作ることのできるハンドガンです。従来の真空パック器と異なる点は、ハンディタイプでコードレ…

嘘だらけの世界史

トライアル19日目 世界 今日はほんのレビューの日です嘘だらけの世界史という本です精神分析医としての著者は広く文化論や歴史を論じる心理学者でもあります。世に当たり障りのない結論を導くユング派が多いなかで、彼はフロイド派の先鋭な思想の体現者で…

3年後の目標訂正

トライアル18日目今日は宿題の日です今回のテーマも教育者の価値観ということでどんな価値観で教育ビジネスを作るかその4ステップには土台となるファーストステップをしっかりしていないといけないというお話でした。 音声はこちらから↓ そのファーストス…

コミュニケーションは責任をとれば上手くいく

11月12日トライアル17日目ですね 言葉 今日は、講義の感想、よし、これはやってみよう、これはちょっと自分で実践してみようと思ったことを シェアする日です。コミュニケーションのエクササイズということで、今回は深いテーマと実践のお話でした↓ 仙…

セルフトークとは

仙人さんに質問です。 鍛錬 自分に質問する能力を磨くと、自分に質問することを避けている自分と向き合うことを意味しませんか? 音声はこちらから↓ コミュニケーションのフォーカスが次第に深まっていって 改めてこんなに深い内容なので聞き漏らしていたと…

スタンフォード

ビジネスの人物の紹介です リーランド・スタンフォードはスタンフォード大学を創設したひとです。 今でこそ有名な一流大学として知られているスタンフォード大学ですが、 設立当時は誰も期待していないどころか酷評されていた大学だったということをご存知で…